不動産の広告の規約

不動産の広告時の注意点

不動産物件の広告について

インターネットが普及した今でも、不動産物件の広告が新聞折り込みなどで多く見ることができます。その内容を見てみますと、新築マンションが圧倒的に多く、売り地や建物付きの広告は少数であるように思われます。新規のマンション物件価格は、1Kで700万円から1500万円程度、2LDKで2000万円から2500万円と高価です。中古マンション物件や土地付き中古建物物件については、駅においてある不動産情報誌に多く掲載されています。その物件が位置する周辺環境などと価格を見て、その土地の平均値を知るのに役立ちます。何らかの物件の購入を考えているのなら、その情報をあげている事業者に連絡し、現地を見て、土地の広さ、建物の間取り、交通事情、スーパーマーケットや学校などの周辺環境を見ておくことがいいでしょう。

物件の広告を行う場合の注意点

不動産において広告を行う場合には、誇大な内容や不当表示にならないように十分注意する必要があります。これらは表示に関する公正競争規約と景品類の提供の制限に関する公正競争規約によって決められていおり、広告の開始時期や表示事項、特定事項の明示、二重価格や不当な表示等が定められています。景品類の提供についてもその範囲と提供方法などが細かく定められています。もし違反した場合には自主規制とはいいながらも注意、警告、又は500万円までの違約金を徴収される場合があります。こういった不動産の規約に違反により購入者にとって多大なる損害を蒙る場合があり得るので十分注意しましょう。

不動産の規約の情報